The 1794 first edition had these gaps filled in, and most Mozart scholars such as Alfred Einstein and Alan Tyson have assumed that the additions were made by the publisher Johann André. 26 in D Major, K. 537 "Coronation" - Liszt: Piano Concerto No. 26 D-Dur (Piano Concerto No. [7] There is in fact no other Mozart piano concerto of which so much of the solo part was left unfinished by the composer. Piano Concertos by Wolfgang Amadeus Mozart Piano Concerto No.5 in D major, K.175 Rondo in D major, K.382 Piano Concerto No.6 in B major, K.238 Piano Concerto No.7 in F … I, mm. 27 in B flat major, K. 595 The Café Frauenhuber at Himmelpfortgasse 6-8 in the first district claims to be “Vienna’s oldest coffeehouse”. 26 in D major, K. 537, was written by Wolfgang Amadeus Mozart and completed on 24 February 1788. Nearly all of the passages that necessitated filling in for the first edition lack only simple accompanimental patterns such as Alberti bass figures and chords. Concerto No. 26 in D major, K537 'Coronation' by Wolfgang Amadeus Mozart (1756-91). Mozart, Wolfgang Amadeus (1756–91) Works Mozart: Piano Concerto No. I've got the Anda box-set version Einstein is on record as finding André's completion somewhat wanting: "For the most part, this version is extremely simple and not too offensive, but at times—for example, in the accompaniment of the Larghetto theme—it is very clumsy, and the whole solo part would gain infinitely by revision and refinement in Mozart's own style."[8]. Concerto No. Piano Concerto No. [Allegretto] Composer(s) Wolfgang Amadeus Mozart Artist(s) Andrew Manze Francesco Piemontesi Scottish Chamber Orchestra play pause Piano Concerto No. 実際26番などは19世紀まで大変人気のある曲だったようです。この19番も弾むようにリズミカルなところがあり、全体に明るく親しみやすい曲で す。 Mozart Piano Concerto No.19 K.459 モーツァルト ピア … Nonetheless, the "Coronation" concerto remains frequently performed today. Showing 41 - 50 of 112 results Find composition details, parts / movement information and albums that contain performances of Piano Concerto No. Mozart, Wolfgang Amadeus : Concerto pour piano et orchestre en ré majeur KV 537 (n 26) Concerto du couronnement / Concerto for Piano and Orchestra in D Major KV 537 (No. Browse: Mozart - Piano Concerto No. Mozart: Piano Concertos No.23, No.26 フリードリヒ・グルダ 、 ニコラウス・アーノンクール 、 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 ★★★★★ Piano Concerto No. Allegretto アーティスト名: クリスティアン・ツァハリアス & バイエルン放送交響楽団 & デイヴィッド・ジンマン 10:30 The Piano Concerto No. Aimi Kobayashi مصطفی 578 بازدید 4 سال پیش 1:00 Mozart sonata ) Piano player arman ghasedian ) آرمان قاصدیان 418 بازدید 4 سال پیش 3:01 Mozart . 459. 19, K. 26 in D Major, K. 537, "Coronation": I. Allegro 0:13:47 ¥550 Münchner Philharmoniker & Friedrich Gulda[MainArtist], Wolfgang Amadeus Mozart[Composer] 5 Piano Concerto No. 26 in D Major, K. 537, 'Coronation': I. Allegro 作曲者:ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト - Jean-Bernard Pommier & Philharmonia Orchestra 14:53 2 Piano Concerto No. In 1935, Friedrich Blume, editor of the Eulenburg edition of this work, called it "the best known and most frequently played" of Mozart's piano concertos. 20 D-Moll (Piano Concerto … In fact, at … The old Breitkopf & Härtel Mozart Complete Works score of this concerto does not make any distinction between what Mozart himself wrote and what André (or someone commissioned by him) supplied. 26 (Mozart) - WikiMili, The Free 26 in D major, K. 537, was written by Wolfgang Amadeus Mozart and completed on 24 February 1788. It is both brilliant and amiable, especially in the slow movement; it is very simple, even primitive, in its relation between the solo and the tutti, and so completely easy to understand that even the nineteenth century always grasped it without difficulty....[9]. Piano Concertos 20 23 24 26 27: Decca Legendsが交響曲・管弦楽曲・協奏曲ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。 26 in D Major for Piano and Orchestra, K. 537 "Coronation" / II. The concerto has the following three movements: The second and third movements have their tempos given above in parentheses because in the autograph these are not given in Mozart's own handwriting but were written in by someone else. For example, measures 145–151 of the first movement, which involve more complicated virtuoso passagework, are fully written out in the autograph. 26,", This page was last edited on 20 January 2021, at 10:48. 26 in D major, KV 537 - Allegretto By Wolfgang Amadeus Mozart Jiri Tomasek, Christiane Engel, The Stern Orchestra 3 11:59 PREVIEW Piano Concerto No. Piano Concerto No. ピアノ協奏曲第26番 ニ長調 KV 537は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの最後から2番目のピアノ協奏曲。1788年2月24日に完成した。通称は『戴冠式』。 7, K. 242 for three pianos and Concerto No. 26 in D major, K537 'Coronation' Conductors Manze, Andrew Groups & Artists Manze, Andrew Label 26) Coronation Concerto 2 Pianos, 4 hands [Sheet music] 6 Mozart: Piano Concerto No. 26 in D Major, K. 537, "Coronation": III. Piano Concerto No. Mozart Piano Concerto 26. モーツァルト ピアノ協奏曲第26番「戴冠式」 Mozart: Piano Concerto No.26 K.537 モーツァルトのピアノ協奏曲第26番(K 537)は、1788年に作曲され、通称戴冠式と呼ばれています。 There is a very unusual feature to this concerto. 8, K. 246 also date from 1776 and are generally not regarded as demonstrating much of an advance, although No. Piano Concerto in a / Piano Concerto 26が交響曲・管弦楽曲・協奏曲ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除 … 26 D major K537 "Coronation 3. 26 in D Major, K. 537 "Coronation": III. [10][11] This amounts to a complete reversal of critical opinion, since K. 537 was once one of Mozart's most celebrated keyboard concertos, especially during the 19th century. It is generally known as the Coronation Concerto. It is, in fact, so 'Mozartesque' that one might say that in it Mozart imitated himself—no difficult task for him. Piano Concerto No. Piano Concerto No. 26 in D major… on AllMusic The series of piano concertos Mozart composed between 1784 and 1786 -- 12 in all -- is directly linked to his success as a concert pianist during those years. 26 in D Major, K. 537, 'Coronation': I. Allegro 作曲者:ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト - Gulbenkian Orchestra, マリア・ジョアン・ピリス & テオドール・グシュル … At the same concert, Mozart also played the Piano Concerto No. While this concerto has enjoyed popularity due to its beauty and rococo (or galant) style, it is not generally regarded today to be of the level of quality of the twelve previous Viennese piano concertos or the final concerto in B♭. Piano Concerto No. In addition to omitting the tempi for two of the movements, Mozart also, in Tyson's words, "did not write any notes for the piano's left hand in a great many measures throughout the work. Klavierkonzerte Nr. 26 in D major, K. 537, was written by Wolfgang Amadeus Mozart and completed on 24 February 1788. Listen to Mozart: Piano Concerto No. Concerto No. 26 in D major, K537 'Coronation' This page lists all recordings of Piano Concerto No. 9 . 26 in D Major for Piano and Orchestra, K. 537 "Coronation" / I. Allegro 5. ピアノ協奏曲第26番 ニ長調 KV 537は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの最後から2番目のピアノ協奏曲。1788年2月24日に完成した。通称は『戴冠式』。, この時期のモーツァルトはもはやウィーンの聴衆の好みに合うような曲を書かなくなっていたため、予約演奏会を開こうと試みても会員が1人しか集まらない状況であった。このニ長調の協奏曲は、このような逆境の中で書かれた曲の一つである。1787年初めには第1楽章が手がけられていたが、予約演奏会を開こうにも会員が集まらなかったため完成が遅れた。, 演奏旅行中の1789年4月に妻コンスタンツェへ宛てた書簡の中で、モーツァルトは同月14日にドレスデンのザクセン選帝侯フリードリヒ・アウグスト3世の后アマーリエの元でこの協奏曲を演奏したことに触れている。, そして、1790年10月、フランクフルト・アム・マインで行われた神聖ローマ皇帝レオポルト2世の戴冠式の祭典で10月15日(フランクフルト市立大劇場)と22日(マインツ宮廷)に演奏され、ここから『戴冠式』の愛称が生まれた。この時、モーツァルトはピアノ協奏曲第19番(KV459)も演奏している。このことが分かるのは、1794年にオッフェンバッハのヨハン・アンドレがこれら協奏曲の初版を出版した際に、各表紙にレオポルト2世の戴冠式で演奏されたことを記していることからである(15日の演奏についてはモーツァルト自身の手紙などの記録が残っている)。15日の演奏会は、11時から始まって二曲の協奏曲を演奏したが、長い休憩時間を挟んで3時間もかかったこともあり、昼食に行きたい聴衆がいら立ったため三曲目の交響曲は演奏されずに終わったという(協奏曲の順番は不明)。モーツァルトはフランクフルト行きに際し、借金と質入までして演奏会の収入などによる経済状態の好転を狙ったが、15日の演奏についてはコンスタンツェ宛の手紙によれば『ある侯爵の邸での大がかりな昼食会』及び『ヘッセンの軍隊の大演習』に客を取られたため、書いていて涙が出てきたと心情を吐露するほど、借金を増やすだけの不首尾に終わった[1]。上記のように、出版は死後の1794年になった。, 20世紀の音楽学者アラン・タイソンはドーヴァー出版による自筆譜ファクシミリの序にて、「KV459も時に『戴冠式』協奏曲と呼ばれたことがあるが、このタイトルはほぼ常にKV537に冠されてきた」と述べている[2]。なお、この自筆譜は現在ニューヨークのモルガン・ライブラリーが所有している。, 自筆譜に書き込まれた第2楽章、第3楽章の速度指定はモーツァルト以外の手によるものである。ブライトコプフ・ウント・ヘルテル社のいわゆる『旧全集』ではこのことは特に言及されていないが[3]、『新モーツァルト全集』 [NMA V/15/8, ed. Apple Musicでデイヴィッド・ジンマン & クリスティアン・ツァハリアスの「Mozart: Piano Concertos Nos. 26 in D major, K. 537 'Coronation': III. Mozart’s Piano Concerto No. Can anyone suggest a great recording of Mozart's Piano Concerto 26? Piano Concerto No. Mozart: 21 Piano Concertos ルドルフ・ブッフビンダー 、 ウィーン交響楽団 ... Concerto for Piano and Orchestra No. The Piano Concerto No. The concerto is scored for solo piano, one flute, 2 oboes, 2 bassoons, 2 horns, 2 trumpets, timpani (in D, A), and strings. Wolfgang Rehm] では第2、第3楽章に「自筆のテンポ表示は異筆」("Tempobezeichnung im Autograph von fremder Hand")と注記している[4]。, この協奏曲の特異な点は、作品全体を通して、多くの部分でピアノ独奏部の左手が書かれていないことである[5]。冒頭の独奏(第1楽章、第81–99小節)でも書かれていないし、第2楽章は全体にわたって書かれていない[6]。モーツァルトのピアノ協奏曲の中で、これほどまでに作曲家自身によって独奏部が書き込まれていない作品はない。1794年の初版では左手部分が補完されており、アルフレート・アインシュタインやアラン・タイソンなどモーツァルト研究家の多くは、この補完は出版者のヨハン・アンドレによるものと見なしている。アインシュタインはアンドレの補完が若干不満足なものであるとして、次のように述べている。, ただし、初版時に補完が必要であったパッセージの大部分は、アルベルティ・バスや和音などの単純な伴奏音型である。例えば第1楽章第145–151小節など、より複雑で名人芸を披露するようなパッセージにおいては、モーツァルト自身が両手ともに書いている。それ以外の部分については、アインシュタインのことばを借りれば、モーツァルト本人は「何を弾くべきか完璧に分かっていた」[8]ために、自筆譜が未完成のまま残されたと考えられる。ただし野口秀夫は、あくまでもモーツァルトは左手パートを補筆して出版するつもりだったものの、生前に出版の機会がついに訪れなかったために未完になったと推測している[9]。, ブライトコプフ・ウント・ヘルテル社の『旧全集』では、モーツァルトの自筆部分と初版時の補完を区別していないが、『新モーツァルト全集』では、補完部分の音符のポイント数を落として、自筆譜にないことを示している。, モーツァルトの弟子で、初演にも立ち会っていたヨハン・ネポムク・フンメルは、ピアノ・フルート・ヴァイオリン・チェロ用の編曲(ピアノの左手パートも補われている)を残しており、白神典子らが録音している。フンメルはピアノ独奏用編曲も残したが、カデンツァは経過句含めてカットしている。また、ピアニストのロバート・レヴィンも左手パートを補筆して演奏している。, なお、トランペット、ティンパニは初めから加えられていたものではなく、第3楽章173小節目から付け加えられ、のちに第1楽章、第2楽章にも及んだ(第1・第2楽章及び第3楽章172小節目までは自筆譜の最上段と最下段にトランペットとティンパニのパートが書かれており、同じく173小節以降は両パートは通常の位置に書かれている)。一般にそれまでのウィーン時代のモーツァルトのピアノ協奏曲に比べ管楽器の扱いが低く、使用も任意となっているため、ザルツブルク時代の協奏曲に後戻りしたかのように言われることがある。ただし、管楽器は任意とはなっているものの、モーツァルト自身の自作目録には任意とは明記されていない。アインシュタインはトランペットと管楽器の追加について、「この機会(注:ドレスデンでの演奏)のためであったか、それともフランクフルトでの演奏のためだったかも、やはりもはや確定できない」[10]としている。一方、野口秀夫はアインシュタインの発言を的外れと批判しており、「自筆譜からは、クラリーニ(注:トランペット)とティンパニを含んだものだけが完成作品であると考えるのが素直である」と述べている[9]。, この協奏曲は、ロココ(またはギャラント)様式の華やかさのために高い人気を得てきたものの、今日一般的には、先行する12曲のウィーン協奏曲群および最後の協奏曲である第27番には及ばない水準であると見なされている。しかし、このような見解はかつての評価をまったくひっくり返すものであり、実のところ、以前、特に19世紀にはモーツァルトのピアノ協奏曲の中でもっとも高く評価されるものの一つであった。オイレンブルク版を校訂したフリードリヒ・ブルーメは、1935年、この作品を「モーツァルトのピアノ協奏曲のなかで、もっともよく知られ、もっとも頻繁に演奏される」と述べている[11]。しかし、10年後の1945年には、アインシュタインが次のようにこの作品の位置づけの見直しを迫っている。, 1991年にタイソンは、モーツァルトの他のピアノ協奏曲が広く知られ、よく演奏されるようになったものの、KV 537は依然としてモーツァルトのピアノ協奏曲の中で評価の高いものであり続けていると述べている[12]。, とてもモーツァルト的であるが、同時に統一体としてのモーツァルトを、いやモーツァルトの半分すら表現していない。実のところ、あまりに「モーツァルト風」であるために、モーツァルト自身が自分を模倣したかのようだ。彼にとってそれは簡単なことだ。華麗かつ、特に緩徐楽章では、親しみやすい。独奏と合奏の関係はとても単純、プリミティブですらあり、まったくわかりやすいために、19世紀ですらいつも難なく理解することができた。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ピアノ協奏曲第26番_(モーツァルト)&oldid=76312779, 大部分においては、この補完は極めて単純で控えめなものであるが、時に、例えばラルゲット楽章の主題の伴奏などでは、とてもへたくそであり、モーツァルト本人の様式に基づいた改訂・洗練によって独奏部全体ははるかによくなるだろう.